Flutter大学の新プラン 課題学習プラン とは?

Flutter大学

Flutter大学の新プラン 課題学習プラン ってどんなことができるプランなんだろう?

Flutter大学のYouTube動画も良かったけれど、もっと実践的に学びたいわ!

本記事ではそんな疑問、要望にお答えします!

Flutter大学の新プラン、課題学習プランについて、
どんなプランなのか、いくらかかるか等、徹底的に解説します!

今回の記事の内容を動画で知りたい場合は、以下の動画にて解説していますので、
ぜひ併せて観てみて下さい。

それでは解説していきます!

Flutter大学とは

Flutter大学の概要

Flutter大学とは、「Flutterエンジニアに特化した学習コミュニティ」です。

Flutterを勉強したい人、Flutterでエンジニアとして働いている人など、
さまざまな方に参加いただいています。

以下の記事で詳しく解説しておりますので、併せてご覧ください。

Flutter大学のプラン

Flutter大学には、2022年7月29日現在2つのプランが存在します。

コミュニティプラン

コミュニティプランは、Flutter大学のコミュニティ機能を使うためのプランです。

Flutter大学アプリやFlutter大学のSlackの利用、共同勉強会の参加等々が可能となります。

Flutter 修行プラン

Flutter 修行プランは、コミュニティプランの内容に加えて、
Flutter大学の質問機能を使うためのプランです。

週4回行われているFlutter大学の講師に対して質問できる質問Zoomへの参加や、
GitHubを利用した質問等が可能となります。

2022年8月1日から、上記2つのプランに加えて新たに課題学習プランが追加されます!
次の章から、課題学習プランについて解説していきます。

課題学習プランとは

課題学習プランの概要

課題学習プランは、コミュニティプランの内容に加えて、
Flutter大学に用意された限定教材、限定動画を閲覧できるプランです。

Flutterを学ぶ教材として大変好評だった、Flutterの教科書の有料部分の内容に加え、
この教科書の内容について解説した動画教材を見ることが可能となります。

現時点で以下の内容を学べる教材を提供予定です。

  • 環境構築の解説
  • TwitterのUIの再現といったUI構築の基礎
  • 変数・関数・条件分岐の基礎『じゃんけん』
  • APIを利用したフリー画像検索アプリ
  • 内部データベース利用
  • Firebase の基礎

各教材は見れるだけでなく教材に対応した演習課題が用意されています。
教材で学んだことをすぐに演習課題で実戦することで、
学習内容をより定着させることができます。

「Flutterで何を勉強していいのかわからない」という方に向け、
充実した教材で学習を行いつつ、
Flutterの実力をつけてもらうことを目的としたプランとなっています。

Flutterの教科書とは

「プログラミングが初めてでもアプリが作れる」
のコンセプトをもとに実際に手を動かしながら学べる教材として作成された教材です。

Flutterの教科書 by Flutter大学
【購入される前に】 macOSでの動作が推奨となります。Windows環境での説明は不十分です。 この本は今後もコンテンツの追加、修正がおこなわれる予定です。 【この本の特徴】 👶 未経験者に向けて基礎から解説します。 ✍️ サンプルアプリを題材に手を動かしながら学べます。

Flutterの教科書の無料公開部分と有料公開部分の一部の解説動画は
Flutter大学YouTubeチャンネルにて観ることができます。

課題学習プランでは質問はできないので、
「課題学習プランの教材について学びながら質問もしたい!」という方は、
ぜひFlutter修行プランへの参加をご検討ください。

Flutter修行プランの方は、
費用の追加無しで課題学習プランの教材を閲覧可能です。

今後の更新予定

課題学習プランの限定教材として、以下のようなコンテンツを追加予定です。

  • Stateful Widget から Riverpod への移行の手引き
  • Flutter UI 100本ノック
    • 定番UI作成課題とその回答集
  • なぜなにFlutter
    • Freezedってなんで使うの?」など、素朴な疑問を短くサクッと回答する動画集

毎月少しずつコンテンツの更新がされていく予定となっています。

費用

課題学習プランの費用は月額4,400円 月額3,300円となります。

他のプランとの対比は以下のようになります。

  • コミュニティプラン : 2,200円/月
  • 課題学習プラン:4,400円/月 3,300円/月 (← NEW!)
  • Flutter修行プラン:8,800円/月

今までのプランのちょうど間の位置付けですね!

課題学習プランによって、Flutterの学び方の選択肢が増えたと考えていただければと思います。

ただ今課題学習プランリリース記念として、2022年8月の1ヶ月だけ
通常価格4,400円/月のところ、3,300円/月で提供しています!

コミュニティプランの方は1,100円/月のプラスで教材をみることができ、
とてもお得となっています!

まとめ

本記事ではFlutter大学の新プラン、課題学習プランについて、
どんなプランなのか、値段はいくらか等、徹底的に解説しました。

いかがだったでしょうか?

Flutterの勉強に行き詰まってしまった方、
Flutter大学の用意されている動画よりももっと実践的に学びたい方にとって、
ピッタリのプランかとなっています!

また、Flutterを学び始めて、何か作りたいとは思っているものの、
作りたいアプリがまだ無い、という方にとって、
Flutterで何ができるのかを学ぶことができるため、
アプリアイデアの捻出にもとても良いプランです。

課題学習プランへの参加は、【2022年8月1日から】可能となります。
ぜひ課題学習プランにてFlutter大学に参加してみて下さい!

Flutterを一緒に学んでみませんか?
Flutter エンジニアに特化した学習コミュニティ、Flutter大学への入会は、
以下の画像リンクから。



編集後記(2022/7/29)

Flutter大学の新プランに関する記事でした。

以前も何回か言及していましたが、
テキストと動画の組み合わせで用意された教材、というのはとても良いと思っています。

小学校、中学校での授業のように、
目で見て、耳で聞いて、手を動かして学ぶことができる環境というのが、
何かを習得する環境として最も良いと思います。

Flutter大学の新プランはこの環境を提供してくれるプランです。

ぜひ、課題学習プランにて、一緒にFlutterを学びましょう!

週刊Flutter大学では、Flutterに関する技術記事、Flutter大学についての紹介記事を投稿していきます。
記事の更新情報はFlutter大学Twitterにて告知します。
ぜひぜひフォローをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました