【VS Code 用拡張】 Flutter Riverpod Snippets 紹介!

Flutter

Flutter Riverpod Snippets ってどんな拡張機能なんだろう?

Riverpod のコードを書くのをもっと楽にしたいわ!

本記事ではそんな疑問、要望にお答えします!

Flutter の状態管理手法であるRiverpod のコードを書くのを楽にする、
VS code の拡張機能である、Flutter Riverpod Snippets を紹介します!

以下のGIF のような形でコードを書くのを楽にしてくれます。

導入方法から、基本的な使い方まで解説していきます。

ぜひ読んで導入を検討してみて下さい!

導入方法

Visual Studio Code のExtensions の検索バーにて、
“Flutter Riverpod Snippets”を検索します。

検索して出てきたFlutter Riverpod Snippetsを選択します。

開いたページにて、installボタンを押せば、導入は完了です!

基本的な使い方

基本的な使い方は、下のGIFのように、コマンドを打ち込み、
表示された選択肢から自分が使いたいものを選択するだけです。

選択後、自動でコードが生成されます。

このSnippetsの打ち込むコマンドと、作られるものの内容を以下の表にまとめました!
(公式ページの表を日本語訳したものとなります。)

コマンド内容
consumerConsumer Widgetを生成します。
stlessConsumerConsumerWidgetを継承したクラスを生成します。
stfulConsumerConsumerStatefulWidgetを継承したクラスを生成します。
stlessHookConsumerHookConsumerWidgetを継承したクラスを生成します。
stfulHookConsumerStatefulHookConsumerWidgetを継承したクラスを生成します。
providerProviderの定義コードを生成します。
providerFamilyfamily 修飾子付きのProviderの定義コードを生成します。
futureProviderFutureProviderの定義コードを生成します。
futureProviderFamilyfamily 修飾子付きのFutureProviderの定義コードを生成します。
streamProviderStreamProviderの定義コードを生成します。
streamProviderFamilyfamily 修飾子付きのStreamProviderの定義コードを生成します。
changeNotifierProviderChangeNotifierProviderの定義コードを生成します。
changeNotifierProviderFamilyfamily 修飾子付きのChangeNotifierProviderの定義コードを生成します。
stateProviderStateProviderの定義コードを生成します。
stateProviderFamilyfamily 修飾子付きのStateProviderの定義コードを生成します。
stateNotifierProviderStateNotifierProviderの定義コードを生成します。
stateNotifierProviderFamilyfamily 修飾子付きのStateNotifierProviderの定義コードを生成します。
stateNotifierStateNotifierを継承したクラスを生成します。
listenref.listenのコードを自動生成します。

生成されたコードの入力欄への移動はTabキーを押すことで可能です。

まとめ

本記事では、Flutter の状態管理手法であるRiverpod のコードを書くのを楽にする、
VS code の拡張機能である、Flutter Riverpod Snippets を紹介しました。

導入方法から基本的な使い方まで解説しました。

いかがだったでしょうか?

細かい内容に思えるかもですが、導入しておくとコードを書くのがグッと楽になるはずです

VS codeを使っている人は、ぜひ一度利用を検討してみて下さい!

Flutterを一緒に学んでみませんか?
Flutter エンジニアに特化した学習コミュニティ、Flutter大学への入会は、
以下の画像リンクから。



参考

編集後記(2022/7/13)

コードを書くのを楽にするSnippetsの拡張機能の話でした。

Snippetsって登録するのが面倒ですが、
登録した後めちゃくちゃ楽になるんですよね。

普段遣いの内容のSnippets登録に役に立つのがAlfredです。

自分はAlfredにてログインによく使うメールアドレスをスニペット登録することで、
色々な処理がとても楽になりました。

有料機能となってしまいますが、導入した後は無くてはならないものになっています。

同様のサービスはあると思うので、
ぜひ探して、Snippets登録で色々な入力処理を楽にしてみて下さい!

週刊Flutter大学では、Flutterに関する技術記事、Flutter大学についての紹介記事を投稿していきます。
記事の更新情報はFlutter大学Twitterにて告知します。
ぜひぜひフォローをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました