【 animated_text_kit 】アニメーション付きテキストを実装しよう【 Flutter 】

Package

animated_text_kit ってパッケージ、どうやって使ったら良いんだろう?

テキストに色々なアニメーションを付けてみたいわ!

本記事ではそんな疑問、要望にお答えします。

Flutterのパッケージである animated_text_kit を使った、
テキストにアニメーションを付ける方法について解説します!

以下のようなアニメーションを設定することが可能です。

本記事を読めばテキストに様々なアニメーションを設定することができるようになります。
ぜひ読んでみて下さい!

基本的な使い方

animated_text_kitの基本的な使い方について解説していきます。

準備

まず準備として、パッケージのインストールと、
Dartファイルへのインポート文の追加を行います。

パッケージのインストール

CLI(macならターミナル)で、自分のプロジェクトのルートにて
以下のコマンドをで実行しパッケージをインストールします。

flutter pub add animated_text_kit

パッケージのインポート

UIを構築するDartファイルの上部に以下のインポート文を追加し、
パッケージをインポートします。

import 'package:animated_text_kit/animated_text_kit.dart';

アニメーション付きテキストの実装

アニメーション付テキストを実装したい場所に、AnimatedTextKit Widgetを配置します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [],
        ),

animatedTexts プロパティ に、
自分の実装したいアニメーションの種類のAnimatedTextで囲んだテキストを配置します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            TypewriterAnimatedText('Hello World'),
          ],
        ),

今回の例では一文字づつ表示するアニメーションを付与する、
TypewriterAnimatedTextを使用しています。

他にどんな種類があるかは後述します。

この実装だけで、以下のようなアニメーションが。

import 'package:animated_text_kit/animated_text_kit.dart';
import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  runApp(const MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({super.key});

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return const MaterialApp(
      home: MyWidget(),
    );
  }
}

class MyWidget extends StatelessWidget {
  const MyWidget({super.key});

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      body: Center(
        child: AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            TypewriterAnimatedText('Hello World'),
          ],
        ),
      ),
    );
  }
}

アニメーションの種類

animated_text_kit パッケージには様々なアニメーションが用意されています。

こちらでも紹介されていますが、本記事でも紹介していきます。

Rotate

RotateAnimatedTextはテキストを上から下に回転して表示するようなアニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            RotateAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            RotateAnimatedText('お元気ですか?'),
            RotateAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

Fade

FadeAnimatedTextはテキストをフェードイン・フェードアウトする
アニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            FadeAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            FadeAnimatedText('お元気ですか?'),
            FadeAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

Typer

TyperAnimatedTextはテキストを1文字づつ表示するアニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            TyperAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            TyperAnimatedText('お元気ですか?'),
            TyperAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

Typewriter

TypewriterAnimatedTextはタイプライターで書いているように
テキストを1文字づつ表示するアニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            TypewriterAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            TypewriterAnimatedText('お元気ですか?'),
            TypewriterAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

Scale

ScaleAnimatedText はテキストのサイズが大きくなったり小さくなったりする
アニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            ScaleAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            ScaleAnimatedText('お元気ですか?'),
            ScaleAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

Colorize

ColorizeAnimatedTextはテキストの色を徐々に変化させるアニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            ColorizeAnimatedText(
              '今日はいい天気ですね',
              textStyle: colorizeTextStyle,
              colors: colorizeColors,
            ),
            ColorizeAnimatedText(
              'お元気ですか?',
              textStyle: colorizeTextStyle,
              colors: colorizeColors,
            ),
            ColorizeAnimatedText(
              '私は元気です',
              textStyle: colorizeTextStyle,
              colors: colorizeColors,
            ),
          ],
        ),

プロパティに設定したcolorizeTextStylecolorizeColorsはこちらです。
(好きなように設定可能です。)

const colorizeTextStyle = TextStyle(
  fontSize: 20,
  fontWeight: FontWeight.bold,
);

const colorizeColors = [
  Colors.purple,
  Colors.blue,
  Colors.yellow,
  Colors.red,
];

Wavy

WavyAnimatedTextはテキストが波打つようなアニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            WavyAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            WavyAnimatedText('お元気ですか?'),
            WavyAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

Flicker

FlickerAnimatedTextはネオンが点滅するようなアニメーションを付与します。

        AnimatedTextKit(
          animatedTexts: [
            FlickerAnimatedText('今日はいい天気ですね'),
            FlickerAnimatedText('お元気ですか?'),
            FlickerAnimatedText('私は元気です'),
          ],
        ),

TextLiquidFill

TextLiquidFill Widget で設定できるアニメーションは、
文字内で液体が満ちるようなアニメーションを付与します。

※今までと異なり、AnimatedTextKit Widgetを使用しないことに注意です。

        TextLiquidFill(
          text: '今日はいい天気ですね',
          textStyle: const TextStyle(
            fontSize: 16,
            fontWeight: FontWeight.bold,
          ),
        ),

※textStyleは必須プロパティではありませんが、
デフォルトのfontSizeが140で設定されているため、設定しています。

まとめ

本記事では、Flutterのパッケージである animated_text_kit を使った、
テキストにアニメーションを付ける方法について解説しました。

いかがだったでしょうか?
使ってみたくなりましたか?

今回紹介しませんでしたが、
自作のアニメーションの実装もこのパッケージでできるとのことです。

アニメーションを実装すると、アプリの見た目がワンランク上がるので、
とても有用なパッケージだったかと思います。

ぜひ使ってみて下さい!

本記事があなたのアプリ開発の一助となれば幸いです。

Flutterを一緒に学んでみませんか?
Flutter エンジニアに特化した学習コミュニティ、Flutter大学への入会は、
以下の画像リンクから。



参考

編集後記(2022/7/20)

animated_text_kit の紹介記事でした。

今回アニメーションの記事だったので、GIFをひたすら撮影しました。

GIFの作成は、Macの標準機能で動画撮影→GIFをこちらで作成という手順で行っていますが、
数が多いとなかなか大変でした。

もっと楽にできる方法があれば、ぜひTwitter等で教えていただけると嬉しいです。

ただ、色々とアニメーションを試すのはとても楽しかったですね。

今後もこのようなパッケージを他にも紹介していこうと思います。

週刊Flutter大学では、Flutterに関する技術記事、Flutter大学についての紹介記事を投稿していきます。
記事の更新情報はFlutter大学Twitterにて告知します。
ぜひぜひフォローをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました